EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

スタッフあれこれ

2016年10月

キザシ…。ある本を読んでいて気になったコトバだ。キザシに敏感になること。キザシに鈍感になっている自分に気づいた。未来へのキザシを感じながら創造する。その感覚をぷくぷく膨らませるよう。本を読もう、絵本をつくろう、歌を歌おう、いろんな動きを味わおう、そして愛猫10匹とハグハグしよう! (しんかいようこ)

普段あまり意識しないですが、
周りにはたくさんのいきものがいます
机の周りだけでも
カレンダーの干支、写真展のしおりのねこ、ポストカードのライオン、
マグネットのコウノトリ、モップのたこ、カレンダー、ぬいぐるみ、
マグカップ等々のムーミン、今日の服のもようはモグラ
日常的に、虫や植物、動物、たくさんのいきものが生活を豊かにしてくれているんだな、支えられて生きているんだなと
ふいに実感しました (たかはしみほ)

田舎の庭には使い切れないほどの豊かな恵みがあります。使いきれなかった渋柿を家下の野焼き場に捨てに行ったら、先月使いきれずに捨てた栗が焼き栗になって残っていました。試しに食べてみると、甘くて美味しい。母に報告すると、「外に行くといいものがあるね」と、長年家の周りの手入れをしてきた実感のこもった一言でした。お土産の焼き栗は笑って食べませんでしたが。 (ないききょうこ)

一緒に住んでいる息子と交換日記を始めました。生活時間帯が合わず、会話が少なくなったので・・・。小学生の頃に戻ったようでワクワクしてます。文章からだけでは本意はわかりませんが、彼の状況を理解することはできます。相手の状況を理解するだけで、私の思い込みが違っていることに気付いたり、物ごとの解釈は人によって違うって知ったり、優しく見守ることができたり、話を聞くことができたり、大切なことを教えてもらっています。 (やまぐちなお)

10月のめだかの報告
10月のめだかの様子はほとんど変わりなく、50匹ほど元気にしています。ただ、寒くなってきたため、食欲は減り、動きも鈍くなりました。それでも10月20日と21日の夏日は、ピンピンと激しく動き回っていました。他方、ホテイアオイという浮草に巻貝がついており、一匹から大発生してしまいました。大きな巻貝はめだかハウスから出しましたが、毎日10匹以上の子巻貝が生まれています。気温が下がったことにより、その成長はゆっくりになりましたが、増殖力は凄まじいです。メダカを飼っていると、様々なことを学びます。蚊も発生して、秋になってもまだいます。 (たかむらみやこ)

最近は学業のほうでプログラミングをしているのですが、プログラミングをするほど人間の賢さを感じるようになってきました。 (みずのようすけ)

久しぶりにEPOに来ました! (ばばきょうこ)