EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

スタッフあれこれ

2017年6月

●社会の動きかたに敏感でいたい。ずっとそう思ってきた。新聞が読めない、ニュースが入らない環境にいると…心が騒ぐ。だけどこの頃、社会に吞み込まれないように、急ぎ足にならないように、ただただ、たんたんと違う視点と考えかたでとらえなおす作業をしている。「今」に向き合う自分の時間を充実させよう。今月も10冊読破をめざそう!(しんかいようこ)

●福島、富岡町で3.11東日本大震災に被災した語り部さんの口演を聞きました。当たり前のように続くと思っていた暮らしが突然終わり、避難を繰り返す。先の見えない怖さ、知らされない怖さ、ふるさとを離れる悲しさ、人との触れ合う中での歓び、変わってしまった大好きなふるさと。そして、ふるさとを語り継ぐ、ふるさと富岡町の復興に関わっていく・・。その経験を本当に理解することはできないけれど、語られた言葉はゆっくりゆっくり心に沁み込んで、問いかけてきます。生の言葉の圧倒的な力を感じました。
何を選び、どんな行動をして、自分のまち、未来をどうつくっていくのか。学び合う、感じ合う大切さを改めて感じたESDの空間でした。こんな学び合いの場をもっとつくってほしい、つくっていきたい、どんな場所でも。今回がこのコーナーに書く最後になります。これまでありがとうございました。皆様、今後ともEPO中部を宜しくお願いいたします。(たかはしみほ)

●地元では紫陽花が田んぼの周りを飾っています。その田んぼにもやっとこの最近の雨のおかげで潤ってきましたね。最近、野菜作りを始めたのでこの雨も好きになってきた今日このごろでした。しかし6月末よりこのEPOで仕事をさせてもらうことになり、そんな季節の楽しむことができなくなるぐらい?になりそうな予感がしています・・。でもそれもみなさんのため、自分のためと思って頑張ります!これからもよろしくお願いします。(こしのけんじ)

●はじめての家庭菜園に野菜が実りはじめました。暑くなるにつれて虫が増えてきたので、虫の嫌がる成分をスプレーしました。自分で作ることで、買う時にも食品の原材料をより意識するようになりました。(ないききょうこ)

●梅雨入りし、蒸し暑い日が続いています・・・が、我が家ではカーペットが冬のモコモコのまんま。見た目も暑いし、座っているとじわ~りと汗が!!ちっともエコでなく。今度のお休みは涼しく、香りもよい「い草のラグ」に変えるために、家の掃除をしよっと。(やまぐちなお)

●最近家族を悩ましているのは、ご近所の目覚まし時計。朝6時になると鳴り始め、止まってはまた鳴り、また止まっては鳴りと7時まで断続的に続く。発信源はわからない。一方、私が気になるのは隣の駐車場のアイドリング。1台いなくなると別の1台が・・・。省エネを謳っている企業なのになぜ?窓を開けると気持ちの良い季節が台無しなのは残念無念。(はらきょうこ)

●今年は梅雨が来るのがずいぶん遅かったように感じます。でもこんな6月はラベンダーが長持ちすると母が言っていました。
一昨年に1期生として参加していた、かがやけ☆あいちサスティナ研究所第3期が今月からスタートしました。ファシリテーターの新海さんと一緒に関わることになったので、うまくサポートできるよう頑張りたいと思います。(かつらがわゆうな)