EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

スタッフあれこれ

2019年1月

●皆様今年もよろしくお願いいたします。1月はイベントが満載で「地域環境活動の協働における連携強化のためのフォーラム」、「ESD推進のためのダイアログ」、「ESD推進ネットワーク地域フォーラム」が立て続けの開催となり、多くの参加者と交流する機会となりました。登壇、ご参加いただきました方々に改めて御礼申し上げます。これらの各イベントで熱く議論されたのは持続可能な社会に向けた取組みとして今まさにSDGs時代であるという認識です。SDGsが爆発的に認識が広がっている、そして広げていかなければいけないとの意識共有が進んだことは大きな成果だったと考えています。その大きな理由はグローバル企業の取組みと経済界の後押しにあると思われますが、逆に取り残される主体や分野が出てくる可能性があることも意識していかなければなりません。「誰一人取り残されずに」、EPO、ESDセンターを含め、関係するすべての人々が思いを新たにする必要があると感じた1か月でした。(原 理史、はら まさし)

●1月に入り、1/15協働促進のためのフォーラム、1/18ESD推進のためのダイアログ、1/25ESD推進ネットワーク地域フォーラムとイベント開催が続きました。どのご講演、事例・取組の紹介も大変勉強になりました。ご登壇、ご参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました。(富田夏子)

●近頃の恵方巻は、その彩りや種類の豊富さに思わず見入ってしまいますが…。恵方巻の大量廃棄の問題は、農水省が今年、文書で呼びかけを行ったことからもその深刻さがうかがえます。既に、前年実績以上に作らない、予約販売にする取組を行っているところもあるので、今年は売れ残りが少なくなることを願って節分を迎えたいと思います。(こまつともみ)

●2019年が始まりましたね。「平成最後の、、、」という言葉が多く見られるこの頃です。元号改正はまだまだ先のことだと思っていましたが、なんだかあっという間にその日を迎えるような気がします。新しい元号はどんなものなのでしょうか。そして、どんな年になるのでしょうか。楽しみです。(くずやちさと)