EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

スタッフあれこれ

2019年10月

●地元の市の事業で依頼されてCOOL CHOICEの多世代交流のプログラムの企画運営をしています。環境活動をしている地元の4人のリタイア世代に「未来への語り部」として高校生向けに10分程度の話をまとめてもらうワークショップを行いました。何を話すのかというテーマ選びからシナリオを作り「語り」を話す練習をしたのですが、10分で話すというのは、我々でもそうですが、なかなか難しく、オーバーしてしまったり、足りなかったりと苦労されていました。しかし練習のかいあって、高校のESD部で話をしてもらった本番では、20人の生徒相手に立派に行うことができました。やはり体験を元にしたお話というのは説得力が違うなと、改めて思いました。その後のグループ交流では、最初はおずおずと、でもお菓子とお茶でだんだん仲良くなる様子でした。日頃接しないような相手に、語り部さんも高校生もたくさんの刺激を受けたようです。この語り部発表会・交流会はケーブルテレビの取材を受け、番組の一部として放映されることになっています。楽しみです。
(原 理史、はら まさし)

●今月中旬の台風災害では、環境省事業・SDGsを活用した同時解決事業の中部エリア事業である飯山林福連携事業の実施現地・長野県飯山市も、市街地などが浸水被害に遭いました。事業関係者の中にも、家屋が浸水した方があり、後日に連絡をいただいて、ご本人の声を聞くことができた際には本当に安堵しました。
その飯山市で、11月23日(土・祝)にEPO中部主催の「信州の地域循環共生圏づくりと協働取組」フォーラムを開催します。北陸新幹線も運転が再開され、JR飯山駅とフォーラム会場「なべくら高原森の家」間の送迎の申込も、受付を再開いたしました。ぜひ、皆さまご参加ください。ぜひ紅葉深まる北信・飯山へご来訪ください。(富田夏子)

●EPOの業務のひとつとして環境関連のイベント等の情報収集を行っています。年間を通して、「環境フェア」・「エコフェスタ」といったイベントが自治体等を中心に行われていますが、特に10・11月は数多く開催されている印象を受けます。メルマガ「そらいろ通信」ではイベント情報等を配信しています。紅葉狩りとあわせてのお出かけにいかがでしょうか。(こまつともみ)

●7月よりこちらでお世話になっておりましたが、10月を以って退職することとなりました。短い期間ではありましたが、環境に関する業務に携わったことで環境への意識をより強くすることができました。今後も、地球環境のために自分にできることを考えながら過ごしていきたいと思います。ありがとうございました。(しばさきめぐみ)

●初めまして。今月よりお世話になっております福井と申します。今まで環境への意識が低かったことを反省すると同時に、これから学ばせていただくことをとても楽しみにしております。まずは業務を覚え、少しでもお役に立てるよう頑張ります。宜しくお願い致します。(ふくいよりこ)

●こんにちは!☺☺☺
だんだん涼しくなってきましたね。今年は涼しくなるのが遅いように思います。
私は、夏か冬のどちらが好きかというと、冬のほうが好きです。皆さんはどちらが好きですか?
名古屋駅のゲートタワーの付近には、すでにクリスマスツリーが飾られており、もうこんな時期か、と思うほど時の流れが早いです。毎年、ハロウィンから年末までさらに流れの早さを感じます。
来月の末には楽しみにしていることがいくつかあるので、それを楽しみに頑張ろうと思います。(たけだりな)