EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

スタッフあれこれ

2019年5月

●SDGsやESDの関心が少しずつ広がってきているのでしょうか。名古屋青年会議所は「SDGsを発信する例会」の活動を行っていますし、岐阜県温暖化防止活動推進センターからは推進員研修をSDGsでという依頼も入ったりします。先日は津市ユネスコ協会でのESDの講演、そして今日は愛知県日進市の一般職員を対象にESD推進研修を行ってきました。日進市では市の方針としてESD推進基本方針を策定しており、持続可能な社会を担う人材育成に取組んでいます。今日は中部ESD活動支援センターで作成した「ESDのためのSDGsポイントチェックリスト」(Webページで公開中)を用いたワークショップを実施しました。使い勝手にいくつか改善点はありますが、参加者のスキルの高いこともあり、ワークショップは滞りなく実施することができましたし、それぞれの参加者のSDGsに向けた気付きもあったようです。こうした社会の基幹的な立場にいる人々が気にして頂ければ、地域のSDGsへの貢献も進むのではないかと思ったりしています。(原 理史、はら まさし)

●EPO中部/中部地方ESD活動支援センターのfacebookページを開設しました。当面、主催イベントの開催のお知らせ等を行うようにして、機能などに慣れてきましたら、もっと多様な記事投稿をしていきたいと考えています。また、今年度のEPO中部・中部地方ESD活動支援センターが主催するイベントの企画の方向性がだいたい決まりつつあります。日時・場所が確定したものについては、本サイトとfacebookページに掲載いたしますので、よろしくお願いいたします。(富田夏子)

●日差しや紫外線が気になる季節を迎え、日傘は通勤・外出時の必須アイテムです。先日、環境省から夏の熱ストレスを低減する対策として、「日傘」の活用を推進するといった発表がありました。近いうち、性別・年代を問わずに日傘が活用される時代がくる…?! 今年の父の日の贈り物、何にするか決まりました。(こまつともみ)

●そろそろ2019年も折り返し地点を迎えます。最近、服を購入した際に「エコバッグはお持ちですか」と店員さんからの言葉がありました。スーパー等ではよくある言葉ですが、それ以外の場所で聞くのは初めてです。エコを身近に感じられる、そして考える機会が、これからもどんどん増えてほしいなと思います。(くずやちさと)