EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

第5期の目標と方針

    第5期(2018年度~2020年度)の達成目標
    *****************************************************************************

      中部地方の協働・ESD・SDGsの活動支援に資するツールとシステムを構築し、
      活動の質と量を拡充するEPO中部としての方策を確立します。

    *****************************************************************************

第5期(2018年度~2020年度)の方針

  1. ESD/SDGsの意義とビジョン及びEPO中部の役割等、協働促進のための情報発信を継続的に行います。
  2. 地域づくり活動に対する活動主体や中間支援組織等のニーズや課題を抽出する機会・場づくりを行い、ニーズ・課題等をEPO中部の業務へフィードバックします。
  3. EPO中部独自の協働・ESD・SDGsの活動支援ツール・システムとなる、次の①~④に「動機付け」と「見える化」を視点として取組みます。

①「活動支援に資する主体・場・仕組みのデータ集」の作成・活用
②「活動評価システム(活動効果やSDGs要素を可視化するシステム)」の構築・検証
③「EPO中部・協働コーディネーター」の活用展開
④「ESD/SDGsポイント」チェックリスト・ツールの作成・活用

業務実施計画