EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

活動内容

協働取組

持続可能な社会を実現するため、地域の課題解決を可能にするため、多様なステークホルダーがそれぞれの強み、特質を持ち寄り、単体では不可能な事業、より影響力のある事業を「協働取組」(環境パートナーシップ)としています。
地域課題を解決する協働取組に参画し、原則3年以内を期間として伴走し、協働取組の地域への影響力を高める支援をしています。

EPOアクション

ESD

ESDは「持続可能な開発のための教育」と訳されます。
将来に世代のニーズを満たす能力を損なうことなく、現在の世代のニーズを満たすような社会づくりを、環境の保全、経済の開発、社会の発展の調和のもとで進めていくためには、一人ひとりが、世界の人々や将来世代、また環境との関係の中で生きていることを認識し、行動を変革することが必要です。

EPOアクション