ご覧のページは旧ページとなります。新サイトはこちらをクリックしてご覧ください。
協働取組紹介(2005-2011)
リコージャパン㈱
グリーンプロモーションエコひいき
(主催:リコージャパン㈱)
グリーンプロモーションエコひいきは、リコージャパン株式会社が、2001年12月のリコー中部(株)の設立を記念して始めた、地域環境と会社を良くするプログラムである。
中部7県の環境改善活動に取組む市民団体への助成による地域社会の活性化を目指すこととともに、リコー社員とお客様の環境コミュニケーションによる販売体質の改善に貢献することを目的に展開した。
助成金額は、社員が営業先で環境活動を語り、お客様の共感度(お客様賛同書“エコカード”)に応じて確定し、助成活動には、社員や家族、お客様が参加するというしくみである。エコひいきは、地域社会活性化と、企業の環境経営改善との両翼を目指した、地域と社員をつなぐプログラムである。EPO中部は、2006年から協働パートナーとして地域のステークホルダーとともに推進した。 

2011年度事業終了。
 
グリーンプロモーションエコひいき「協働の関係図」
㈱デンソー
DECOポン地域還元事業「地域の環境活動への助成」
(主催:㈱デンソー)
デンソーエコポイント制度(DECOポン)は、社員の環境や地域に対する活動に対してポイントを発行し、そのポイントを使ってエコを楽しむ、という社員の環境活動を応援するしくみ、事業である。
DECOポンのポイント還元メニューの一つである『地域還元事業「地域への助成」』は、デンソー社員とその家族がためたポイントを、子どもが主役の地域の環境活動に対する助成金として寄付をし、社員や地域に暮らす一人ひとりがそれぞれの形で地域づくり、環境活動に参加するという、地域社会と企業をつなげるしくみである。

2011年度EPO中部協働事業としては終了。
NPO法人ボランタリーネイバーズに引き継ぐ。
 
DECOポン地域還元事業「協働の関係図」
なごや環境大学 ユニー㈱提供
インタープリター養成講座/アピタ・ユニーお店探検隊
「お店を使った子ども環境学習」
(主催:ユニー㈱/なごや環境大学)
ユニー㈱では、店舗を活用した環境学習を実施している。EPO中部が、2005年に開催した「環境報告書を読む会」への参画を機に、自社で実施してきた環境学習を環境NPOとの連携で進めたいとの相談を受け、店舗を拠点とした協働による環境学習の展開を目的に、地域の店舗と環境NPOのマッチング、企画アドバイスなど、支援を行った。
また、なごや環境大学との連携により、店舗を活用した環境学習実践がより広く展開されるよう、店舗での環境学習指導者(インタープリター)の養成事業を展開し、行政、教育委員会、他企業、子ども会との連携、多文化共生、特別支援教育、など多様な主体、テーマでの展開を支援した。
2011年度協働事業としては終了。現在は、ESDアドバイザーとして参画。

株式会社プランニングオフィス・ラグーンに引き継ぐ。
 
なごや環境大学 ユニー㈱提供
インタープリター養成講座/アピタ・ユニーお店探検隊「協働の関係図」
JST「名古屋発!低炭素型買い物・販売・生産システムの実現(おかいもの革命)」
生活レシピ作成プロジェクト
低炭素社会の実現を目指し、多様な主体(特に女性)の生声を抽出(調査)し、感性工学の専門家や女性専門家と低炭素型ライフスタイルへの参加・協働を可能にしうる広報媒体(生活レシピ集)の作成とその普及啓発事業を支援。女性専門家、女性モニター、椙山女子学園大学、大阪市立大学、ユニー㈱、NPO/NGOなどとの協働取組を支援。
女性専門家へのヒアリング及び会議を実施し、生活レシピ集の原稿の作成、作成した生活レシピの社会ニーズを図るモニターアンケート調査(女性100名を対象)の支援を行う。また、生活レシピの内4項目(水の使用、木材の利用)に関して行動変容によるCO2換算及びシナリオ作成支援を行った。
モニター調査の結果を踏まえ、女性専門家と生活レシピ集の内容を深めるためのブラッシュアップ会議、生活レシピ集発行、生活レシピフォーラム開催を支援した。
生活レシピ集は、女性を対象にした生活提案として、ESD、CO2削減の教材、普及啓発冊子(店舗配布、講演配布、イベント配布など)などとして活用している。

2013年度事業終了。
 
「とっておきの生活レシピ」
※ご希望の方はEPO中部まで