EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

スタッフあれこれ

2018年12月

●11月30~12月1日東京でのESDフォーラムではたくさんの方と有意義な時間を過ごすことができました。SDGs時代のESDが大きく展開されようとしている、そんな現場に居合わせたという感じです。最終セッションでのフロアからの発言が印象的でした。「ESDにあらずんば教育にあらず、って言ってもいいんじゃないですか?」。ううむ、ある意味本質突いているんではないのか。学校教育はもちろんですが、生涯教育、市民教育、企業内教育など、すべての教育現場でSDGsに対応することが必要となってきました。であれば、それ、すなわちESDである、と。
もう平成も終わってしまいます。新しい年はEPO中部にとっても新たな展開があるのでしょう。
そして仕事は山積みです。冬休みの宿題になりそうです。(原 理史、はら まさし)

●運動不足解消にと思い、久しぶりに中山道・木曽路をほんの一部ですが歩きました。十年くらい前に、仕事で五年間ほど、木曽・上伊那・南信州地域へ毎月のように足を運んでいたことがあり、当地を訪れると、いつもその頃のことを想い出します。自分にとっては、何度でも訪れたい地域です。(富田夏子)

●冬場はいろんな暖房器具がありますが、家ではエアコン・電気ストーブ・床暖房を使い分けています。電気代節約・乾燥対策・心地よさから、例年「こたつ」が大活躍するのですが、根が生える、うたた寝する、ものが片づかない等の理由により、出さずに年末を迎えました。強い意志をもって「こたつ」を出すかどうか悩み中です。(こまつともみ)

●あっという間に2018年も終わりに近づき、もうすぐ新年を迎えますね。カレンダーを見るたびに、時の流れのはやさに驚く最近です。思い返すと、本当に多くの思い出があり、とても充実していたなと感じます。新しいことへの挑戦の年となり、また、行く先々でたくさんの素敵な出会いに恵まれた1年でした。(くずやちさと)