EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】ポストジュニア・サミットinくわな2017・三重大学ユネスコスクール研修会・評価2016に行ってきました

今年度4月に開催された「ジュニア・サミットinくわな2016」。その継承事業として、「ポストジュニア・サミットinくわな2017」(主催 桑名市)と「三重大学ユネスコスクール研修会・評価2016」が開催されました。
「ポストジュニア・サミットinくわな2017」(主催 桑名市)では、県内約60名の高校生があつまり、桑名市の観光資源である「六華苑」の今後のあり方と、桑名市の活性化・国際化をテーマにワールドカフェを行い、作成した提言書を伊藤桑名市長に伝え、手渡しました。
その後、三重大学ユネスコスクール研修会・評価2016(主催 三重大学地域ECOシステム研究センター)が行われ、三重県内のユネスコスクールの現状と今後の展開、ユネスコスクールである名張市立薦原小学校他11事例の活動報告がなされました。この報告会は、文部科学省の持続可能な開発のための教育(ESD)推進事業として行われ、三重県内のESD推進のための情報及び経験交流の場です。三重県では、ESDに取組む学校が増えており、ユネスコスクール登録の申請校もいくつかあるとのこと。大学がその専門性とネットワークを駆使してESD取組の活性化を牽引しています。今後の展開が楽しみです。

日程:平成29年1月28日(土)
場所:六華苑(桑名市)
参加者:60名
詳細は
ポストジュニア・サミットinくわな
http://www.city.kuwana.lg.jp/index.cfm/25,0,319,html
三重大学ユネスコスクール研修会・評価2016
http://www.mie-u.ac.jp/topics/events/2017/01/-2016.html

ポストジュニア・サミットinくわなの様子
ポストジュニアサミット①トリム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネットワーク