EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】チーム・キャッスル 企業環境活動研究スタート!

6月以降、基礎講座やフィールドでの体験をしてきた学生たちが、実際にパートナー企業を訪れ、企業の事業や環境取組に触れ、意見交換を行う研究に入りました。

日時:平成29年8月8日(火)10:00~16:30
場所:株式会社ナゴヤキャッスル/ホテル内
参加者:チームメンバー4名、パートナー企業2名、愛知県2名、事務局2名、ファシリテーター1名

株式会社ナゴヤキャッスルから示された課題は「地域とホテルが連携し、「魅力ある❝あいち❞」を発信できる環境配慮企画について検討せよ」。
学生たちは数度の自主チーム会議を行い、ホテルの環境活動や地域との連携の可能性について調べ、提案づくりを行ってきました。当日は、ホテルの見学、学生の企画のプレゼンテーションが行われました。
まずはホテル内の見学から。普段は入室できない「スイートルーム」、チャペル、ラウンジやレストラン、厨房の裏側、廃棄物や資源の保管場所、芝生の駐車場・・・などを見学し、そこでの環境への取組に触れました。その後ホテルの歴史やシティホテルとしての特色、環境への取組など説明を受けました。午後からは、事前に学生が行った自主ミーティングの報告と現段階での学生が検討した課題解決のための企画のプレゼンテーションを行いました。
学生の提案は、「愛知らしさ」と「地域連携」を大切にとらえた堀川をテーマにした地域のイベントへの参画と、愛知の農産物である果物を使ってのメニューの開発。プレゼンテーションのあと、ホテル担当者からのコメントを得ることができました。「企画の視点はとってもいい。当社でも検討しているイベントでもある。さらに具体化してほしい。学生の視点を取り入れて」。
今日の現場の視察や取組を踏まえて、課題解決のための新たな素材を重ねて、学生ならではの、より具体的な提案が求められています。次回がとても楽しみです!
 第2回企業環境活動研究は、8月29日(火)に行います。

☆EPO中部は、チーム・キャッスルのファシリテーターとして参画しています。

写真⑪トリム

写真⑩

ネットワーク