EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】平成29年度第2回全国EPO連絡会議 in 中部 エクスカーション~四日市公害と環境未来館訪問~

中部でのエクスカーションは、四日市公害と環境未来館。資料館建設を公約で掲げて当選した市長による、四日市市民の思いが詰まった施設です。館内の展示を通して、四日市公害に対する市民運動や裁判など四日市の歴史、未来に触れ、学び、協働の本質を垣間見ました。また、施設のもつエコパートナーの仕組みを通して、行政と市民と企業をつなげる場として今後の取組も紹介いただきました。
また四日市市民協働促進条例や協働の虎の巻など、四日市市の協働施策に関する説明を受けました。参加したEPOスタッフから多くの質問があり、現状の課題も含めて現場感のある対話の場が展開されました。市民協働の精神と必要性が、過去の経験からまち全体で共有されていることが十分に伝わりました。歴史は重要な地域資源であり、未来に向けてその経験をどういかすか、を実感するエクスカーションでした。

日時:平成29年10月13日(金) 12:30~16:30
場所:四日市公害と環境未来館(四日市市安島1丁目3番16号)
参加者:35名
テーマ:四日市市の市民協働事例に~自治体の協働のありようを学び合う
<プログラム>
●四日市公害と環境未来館視察
●四日市公害と環境未来館における協働について
:四日市公害と環境未来館
●四日市市協働に関する施策紹介・市民協働虎の巻/協働に関する施策状況
:四日市市市民文化部市民協働安全課
●セッション「四日市市の協働から学びあう」
ゲスト:
松井真理子氏(EPO中部運営会議委員/四日市大学教授)
寺田卓二氏(EPO中部協働コーディネーター)

写真④-1

写真④-2

写真④

協働取組