EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】ESD推進のための先導的実践拠点支援事業「揖斐川流域環境学習等拠点連携事業・揖斐川流域ESDツアー」を実施しました!

揖斐川流域の高校生を中心に昨年度作成したESD教材を活用し揖斐川の上流から下流の自然や地域の恵み、人々と出会い生の声を通して「流域の大切さ」に気づき、流域から持続可能な地域づくりのヒントを見つけるツアーを実施しました。ふりかえりの中からも多くの気づきが見受けられ来年1月20日に開催するフォーラムへ期待が膨らみます。

日時:平成29年11月11日(土)~12日(日)
場所:岐阜県~三重県の揖斐川流域
参加者:16名(岐阜県、三重県の揖斐川流域中心の高校生)
<プログラム>
訪問先
11月11日(土)
・生命の水と森の活動センター(揖斐川町)
・徳山会館(揖斐川町)
・揖斐川歴史民俗資料館(揖斐川町)
・輪之内町エコドーム(輪之内町)
11月12日(日)
・赤須賀漁港(桑名市)漁・せり見学
・輪中の郷(桑名市)
・はまぐりプラザ(桑名市)

写真⑥(揖斐川)
6-②上流 徳山会館 館長の説明と生徒の風景
9-⑥中流 ゲストとの質疑応答トリム
11-⑤下流 赤須賀漁港 風景

写真④

協働取組