EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】中部地方ESD活動支援センターたより <ESD推進ネットワーク全国フォーラム2017に参加しました>

今年で2回目の本フォーラム。今年のテーマは、地方センターが設置されたことを受け、「地域におけるESDのさらなる展開に向けて」です。全国のESD実践者、各地方センタースタッフが集結し、2日間、ESD推進ネットワークへの期待や地域ESD拠点の可能性について学び、意見交換を行いました。
ESDに取り組む参加者がそれぞれの役割について見つめ直し、‟だれもが推進ネットワークの主体である“ことを再認識する、とても有意義な時間となりました。

日時:平成29年11月24日(金) 13:00~18:00
25日(土) 9:30~13:00
会場:立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館・5号館
参加者:約160名
主催:ESD活動支援センター、文部科学省、環境省
共催:立教大学ESD研究所

●プログラム
[1日目]
セッションⅠ 地域におけるESDのさらなる展開に向けて 
基調パネルディスカッション
セッションⅡ ESD推進ネットワークと多様な活動事例、ポスター発表・情報交流セッション
セッションⅢ ESD関係省庁施策とESD推進ネットワークへの期待
[2日目]
セッションⅣ 地域ESD拠点の可能性(4分科会)
セッションⅤ 総括

セッションⅠの基調講演では、中部地方ESD活動支援企画運営会議委員の住友理工㈱CSR部長 戸成司朗氏が登壇。住友理工㈱のSDGsへの取組の紹介と、SDGsは企業経営・事業活動の羅針盤である、と語られました。
セッションⅤの総括では、NPO法人ESD-J代表理事の重政子氏が、「一人一人がESDを社会化していく問題意識をもつことが大切である。各地のステークホルダーをどう融合させていくかを今後のESD活動支援センターに期待している」と話されました。

<ESD地域拠点に登録してください>
ESD地域拠点とは…。学校、社会教育など地域の多様な主体が取組んでいるESDを支援・推進する役割を担う組織、団体を対象とした登録制度です。
地域ESD拠点は、全国のESD活動支援センターのパートナーとして、他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDをさまざまな形で支援すること、ESD推進ネットワークの中で中核的な役割を果たすこと、が期待されています。
登録により何らかの資格や権利が発生するわけではありません。つながりを登録という形で見える化していきます。登録すると、全国センターのウェブサイトの地域ESD拠点リストに掲載され、国が進めるESD推進ネットワークの一員として位置づけられます。ぜひご登録ください。
●登録に関してご不明な点は、中部地方ESD活動支援センターにお問合せください。

<中部地方ESD活動支援センター 年間スケジュール>
12月~3月まで、ESD、SDGsに関する企画が目白押し。詳細は下記をご覧ください。そして今すぐ手帳に書き込んでください。
●上記内容及び中部地方ESD活動支援センターについてはHPをご覧ください。
http://chubu.esdcenter.jp/ 
●詳細チラシ
2017年度中部地方ESD活動支援センター活動紹介

写真⑨ESDフォーラムトリム

ESD