EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】「愛知県高校生ネットワーク形成事業」② 高校生から中学生に、高校生から小学生に…。

あいちの未来クリエイト部に参加している知立東高校と木曽川高校の2校が中学生と小学生を対象にした出前授業を行いました。高校生が先生となって子どもたちへ自分たちが調査、研究したことを伝える授業です。

■愛知県立知立東高校の出前授業
地元の猿渡川の「カメ」についての50分間の授業です。高校生が作成したボードゲーム「すごろくカメマス」を使ってゲームをしながらカメの食性や生態、人間の活動が生きものに与える影響を学びました。
日時:平成29年12月5日(火) 13:55~14:45
先生:知立東高校 高校生6名
生徒:知立市立竜北中学校1年4組30名

■愛知県立木曽川高校の出前授業
国の天然記念物に指定されている淡水魚「イタセンパラ」について、かるた取りゲームで学んでもらおうと作成された「イタセンパラかるた」を使っての45分間の授業です。8班(1班4~5名)に分かれて教室の床にかるたを広げ、ワイワイと楽しい授業でした。最後の1枚をとる時の真剣な小学生たちの目が忘れられません。
日時:平成29年12月21日(木)13:40~14:25/14:30~15:15 2コマ
先生:木曽川高校 高校生5名
児童:羽島市立正木小学校5年4組 36名/5年2組 37名

世代をつなぐ学びあい・・・。もっともっといろいろな場で。今後の活動にご期待ください!

☆6-1竜北中学校①トリム

☆6-2竜北中学校②

☆6-3正木小学校

ESD