EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】その後の・・・協働コーディネーター大活躍!

3年間の協働コーディネーター育成事業を終え、21名の協働コーディネーターさんとのつながりがなくなってしまうのでは、と心配しつつ、EPOは今後も各地で開催される協働による取組やイベント等、学びあいの場での連携を考えていきたいと思っています。EPO中部の協働コーディネーターの皆さんの地域での活躍をご報告します。

●中嶌 阿児さん(福井・第3期協働コーディネーター)
「マルチステークホルダーダイアログ2017」に参加したときに報告された愛知県で取組まれたリユースびんを活用した循環型社会を構築するプロジェクトの内容を参考にして、地域で取組んでいた日本酒づくり事業にリユースびんを取り入れ、ブラッシュアップ! コーディネート力を発揮されています。

●堺 勇人さん(富山・第3期協働コーディネーター)
2月13日(火)に開催する協働イベント「エコノワとやま交流会」にコーディネーター役として参加し、富山県での協働、連携を広げる役割を担われます。

●中里 茂さん(石川第1期協働コーディネーター)山室 秀俊さん(長野・第2期協働コーディネーター)、堺 勇人さん(富山・第3期協働コーディネーター)
中部地方ESD活動支援センター主催「SDGsと企業」研究会に参加していただき、各地域での企業のSDGsに関する取組の展開について意見交換しました。

●寺田 卓二さん(三重・第1期協働コーディネーター)、織田 拓さん(三重・第3期協働コーディネーター)、坂本 竜児さん(愛知・第2期協働コーディネーター)
揖斐川流域環境学習拠点等連携事業「揖斐川流域未来フォーラム」に参加して高校生と共に流域やSDGsについてワークショップに参加していただきました。
今後もEPO中部と連携して、協働による地域課題解決アクションを創出しましょう!

コーディネーター①

写真①trim

協働コーディネーター