EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】四日市公害と環境未来館のエコパートナーミーティングに参加しました。

四日市市では、四日市市環境計画に基づき四日市市と協働で環境学習・環境活動を行う団体を「エコパートナー」として公募し、登録を進めています。エコパートナーが集まる会議に参加。今年度四日市市が委託した事業の報告や活動団体とのグループディスカッション、活動紹介が行われました。平成29年度エコパートナー環境学習等業務として、なたね通信「市民協働により公害から再生を遂げた自然環境を外来生物から守ろう」、環境教育ネクストステップ研究会「『持続可能なまち・四日市』に向けた環境教育の現状調査と推進策の研究」の2団体が報告。なたね通信さんからは四日市市内でのかいぼりの活動や、捕獲した外来種の種類、数等が紹介されました。EPO中部の協働コーディネーターでもある環境教育ネクストステップ研究会さんからは、四日市の小中学校対象のESDに関する調査、企業対象のESD・SDGsに関する調査の報告がされました。みなさん、すごいです。市民パワー炸裂。こんな活動をもっともっとしたい、その志に触れました。その後、今年度策定改定予定の環境計画における地球温暖化対策に関する計画についての説明と意見交換。市民が何を担うか、行政に何を求めるかについてのグループディスカッションでした。

日時:平成30年2月24日(土)13:30~16:00
場所:四日市公害と環境未来館 研修・実習室
参加者:22名

☆エコパートナー写真①

写真②

ネットワーク