EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

「中部地域におけるESD推進のための先導的拠点」支援拠点が決定!

今年度は、岐阜県と長野県で取り組みます。併せて昨年まで3年間実施してきた「ESD・環境教育プログラム実証事業」のステークホルダーを対象にした調査活動も始めています。

●NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター(長野)
長野県泰阜村で行われてきた、小学生を対象にした山村留学、自然体験キャンプ。そのノウハウを活用して都市部の大学生等の若ものを対象に、泰阜村の資源を活用したESDプログラムづくりを作成・実施します。実践から泰阜村の持続可能な村のありようを見出し、実現を可能にするための環境を含む諸課題に対する実践を行います。

info_02-1

●揖斐川流域環境学習拠点連携(岐阜)
三重県、岐阜県にわたる揖斐川流域。豊かな森林、揖斐川の豊富で清らかな河川、広大で肥沃な平野を背景に、自然と良好な関係を築き、その資源の利用や自然からの恵みで営みを維持してきました。その歴史を学び、地域の自然に寄り添う暮らし方へと問い直す環境学習/ESDプログラムを、揖斐川流域で展開している環境学習学習をつなげて作り出します。

info_02

ESD