EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】平成30年度環境教育・学習拠点における「ESD推進」のための実践拠点支援事業 

平成28年度からスタートした本事業。地域の拠点を支援し、ESD推進・実践の拡大を目的としています。
EPO中部では、
平成28年度「泰阜ひとねる大学」「揖斐川流域環境学習拠点等連携事業」
平成29年度「揖斐川流域環境学習拠点等連携事業」「高校生の環境・ESD活動拠点ネットワーク形成事業」 
を展開し、地域の多様なステークホルダーとともに、拠点の強み、ポテンシャルを活かした支援を行ってきました。
            
◇泰阜ひとねる大学パンフレット
ひとねるa
◇揖斐川流域環境学習拠点等連携事業パンフレット
いびがわa
◇高校生の環境・ESD活動拠点ネットワーク形成事業パンフレット
高校生a
最終年度である今年度のミッションは、3拠点の自走に向けてのフォローアップです。
各拠点のステークホルダーのインタビューを行い、拠点や地域の変容や今後の拠点のESD取組の展開を把握します。
5月9日(水)東京GEOC行われた全国EPOが参集した本事業の作業部会では、各地方EPOが関わった拠点の変容を可視化する作業、WEB上での発信を行うことを確認しました。
EPO中部が支援している3拠点の進捗状況を報告します。

ネットワーク