EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

第1回協働コーディネーター連絡会を開催しました

日時:2018年8月5日
場所:金沢勤労者プラザ 405研修室
参加者:13名
(協働コーディネーター7名、運営会議委員1名、中部地方環境事務所1名、EPO4名)

EPO中部の第5期協働コーディネーター連絡会を、8月5日に金沢市で開催しました。

P1150766

1.アイスブレイクor自己紹介
2.EPO中部の第5期3年間及び平成30年度事業の説明
3.協働コーディネーターの枠組み・方向性の検討
・事務局による課題提示と論点整理
・論点ごとの意見交換
・結果の共有
・全体討論
4.地域環境活動の活動評価システム構築に向けて
・前日8月4日開催・協働フォーラムで実施した「活動評価分析ワークショップ」の紹介
・全体意見交換

「協働コーディネーターの枠組み・方向性の検討」では、協働コーディネーターが継続的に活躍していただくために必要な枠組み等はどういったことか、参加した協働コーディネーター7名の考えなどをヒアリングしました。協働コーディネーターそれぞれに本業や立場等がある中で、EPO中部として何をすべきか、今後整理し、第2回連絡会でも引き続き皆さんと議論してまいります。
また、「地域環境活動の活動評価システム構築に向けて」では、前日・8月4日開催の協働フォーラムで行った「活動分析ワークショップ」の趣旨、及び分析結果シートを説明し、これを協働コーディネーターにも活用していただくことを前提とした意見をいただきました。評価システムの活用方法や活用の場面、意義など、前向きなご意見を多々いただき、事務局は指摘事項を反映する形で、今年度残り2回開催予定の協働フォーラムでケーススタディを実施し、活動評価システムをより有用性のあるものにしていきたいと考えています。

業務報告