EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

富山市で「地域におけるSDGs実践セミナー」を開催しました

「環境基本計画に沿った環境教育支援業務」の「自治体等向け勉強会」として「地域におけるSDGs実践セミナー」を(一社)環境市民プラットフォームとやま(PECとやま)と共同で開催しました。
SDGsの第一人者である慶応大学の蟹江憲史先生をお迎えし、世界の潮流からSDGsに取組む意義、実践の事例や効果などについての講演をいただきました。「SDGsの特徴は全世界で決めた共通目標であり、ルールからではなく目標から始まるガバナンスである」というご示唆が印象的でした。
セミナーには多くの自治体職員や企業の担当者が集まり、質疑応答やワークショップでは、実際の自治体活動や企業活動におけるSDGsの実践方法や活動の悩みなど活発な議論が行われました。
このセミナーの情報インプットを受け、参加者は第2回セミナー(11月15日開催予定)でこれからのSDGs実践のありかたについてグループごとに発表することになっています。

2018年10月10日

SDGs