EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【同時解決事業】飯山林福連携協議会(第2回)を開催しました

日 時:2019年7月4日14:00~16:00
場 所:フォレストデザイン いいやま里の家(長野県飯山市)
参加者:計12名

同時解決事業(持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業)の中部エリアの採択団体「里山ウェルネス研究会」が、7月4日に今年度第2回目の飯山林福連携協議会を開催しました。

今回は、飯山市で障がい者支援施設を運営する「NPOここから」さんによるログファイヤー(丸太ロウソク)づくりの加工作業を行っている様子を見学させていただきました。施設の方々の丁寧な仕事ぶり、きれいな仕上がりに感心しつつ、この事業として障がい者の皆さんの作業環境をどう整え、製作されたログファイヤーの販売ルートをどのように確保するかなどをテーマにディスカッションをしました。
前回に引き続き、今回も今後の取組のアイデアを協議会メンバーから提示いただき、さらに、アイデアを今年度中に行うこと、2022年度までに行うこと、長期目標として目指すこととして整理しました。
同時解決2年目となり、「里山ウェルネス研究会」の皆さんも出てきたアイデアの実行に意欲的で、頼もしい限りです。
 

NPOここからの皆さんが手作業でログファイヤーの皮むき作業を行っている様子

 

作業後、ツヤツヤの美しい木肌に仕上がったログファイヤー

同時解決事業