EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【インターン】名古屋市職員EPO体験記

EPO中部では行政職員の方のインターン研修(今回の場合は請負団体のボランタリーネイバーズを通してですが)を受け入れています。現在名古屋市から1名、EPO中部の事業に関わっていただいています。
研修生:寺田 行さん(名古屋市緑政土木局企画経理課)
研修内容の希望:行政と市民が何かを一緒につくろうとしている場面への参加等
【1日目】平成28年8月25日(木)10:00~19:00

〈研修メニュー〉
●東海市民社会ネットワーク準備会
●伊勢竹鶏物語~3Rプロジェクト~」Part2 第1回事業協働会議
●EPOでの事務作業

【レポート】
“心術”には、“心の持ち方”や“行動を起こすための意思”等の意味があります。期間限定ではありますが、EPO中部様の活動に関わらせて頂き、今回、市民協働に係る会議を拝聴させて頂きました。会議参加者は、立場や雰囲気、年齢等もばらばらでしたが、ベテランは含蓄を、若い人は熱誠を持って議論が交わされていました。暮らしを良くする方法を真剣に探す人達の普段見えない姿や言葉に触れ、その背景を思うと、生活の様々な事が沢山の“心術”で成り立っている事実を再確認させられました。

インターン

ネットワーク