EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【インターン】名古屋市職員EPO体験記

研修生:寺田 行さん(名古屋市緑政土木局企画経理課)
研修内容の希望:行政と市民が何かを一緒につくろうとしている場面への参加等
【2日目】平成28年8月31日(木)10:00~19:00
●EPOでの作業
●揖斐川流域環境学習連携事業第1回評価会議
【レポート】
岐阜県から三重県伊勢湾まで全長114㎞を流れる“揖斐川”。その流域に暮らす人々の生活や環境等について考える環境教育のプログラム作成の検討会議に出席させて頂きました。流域に暮らす人々の生活、教育施設や活動、課題や問題点等、流域全般に点在する事象を繋ぎ合せることで、初めて見えてくる川の特性があります。揖斐川がどんな川で、歴史があって、人と関わってきたのか。これを学ぶためには、どんな方法が良いか。「海は山が育てる」と云う言葉があります。一本の川の話ですが、これは海と山を繋ぐ話とも云えます。そこに暮らす人々を繋ぐ話でもあります。未来に向けて、人を育てる発人深省なプログラムとなればと思います。

9月前半写真6

ネットワーク