EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

新年のご挨拶

水平線から朝日がのぼり、川面がキラキラと。寒いある日の赤須賀漁港(三重県桑名市)です。2017年が、皆さまにとって、素敵な1年であるように。地球にあるすべての命が大切にされるための、働き、営みができますように。 今年度もどうぞよろしくお願いいたします。EPO中部スタッフ一同

HP1月新年あいさつ写真①

【お知らせ】マルチステークホルダーダイアログ2016「地域 つながる」

毎年開催している「マルチステークホルダーダイアログ」。中部7県の多様なステークホルダーをお招きし、取り組まれている協働取組を題材に、次進むべきシナリオへの一歩を模索します。ゲストに、日本NPOセンターの新田英理子氏を迎え、事例を交えての今後の地域課題解決のための主体形成についてのアドバイスやコメントをお聞きします。 日時:平成29年1月20日(金)13:00~16:30(開場12:30) 場所:ウインクあいち会議室  …

MSHフロントページ

協働取組

【報告】愛知教育大学で一コマ担当~泰阜ひとねる大学

名古屋短期大学茶谷ゼミ学生が、愛知教育大学の学生に泰阜村での活動や活動を通して学んだこと、「第2のふるさと 泰阜」の魅力、村への提案についてのプレゼンテーションを行いました。その後3グループに分かれて意見交換。「村での活動はどうやって決めたの?」「コンビニはあったほうがいいと思わない?」「一番印象に残っていることは?」等、お互いに緊張しながらも質問が飛び交い、経験の交流をしました。「泰阜村のこと伝わったかな」「関心持 …

写真③トリム

ESD

【進捗報告】ESD教材もうすぐできあがります!

揖斐川流域環境学習施設等連携事業~揖斐川流域の自然と暮らしのつながり~ 揖斐川流域の自然と人々の暮らしのつながり、持続可能な地域づくりの大切さを伝える環境学習ツール(大型紙芝居、動画、資料集)の制作を、上・中・下流域に暮らす人達と一緒に進めています。 紙芝居は・・・ 主人公のシジミが、揖斐川の下流から中流、上流に出掛け、そこで見る風景、出会いから、「あれ??あれ??」をキーワードに旅をする、という内容で、小さなお子さ …

【ESD】揖斐川PDF①-001

ESD

【報告】地方センター設備準備のための意見交換会 平成28年度第3回会合

全国8ブロック各地域で、ESD活動支援センター(地方)の準備会合が開催されています。 中部地域においても11月に開催し(次回は3月予定)、昨年12月行った「学びあいフォーラム2016」でもESD活動支援センター(地方)への期待をお聞きする時間を設けるなど、説明や意見交換の場を作っています。その際に、よく質問されるのが、地域ESD活動拠点についてです。今回の会議では、よりわかりやすく、地域のステークホルダーの皆さまにご …

写真⑥トリム

ESD

【報告】平成28年度市民環境アカデミー(主催春日井市) 第5回 自然とともに暮らすまち「春日井」に!~みんなでワークショップ 

今年度、春日井市では「市民環境アカデミー」を開講し、地球温暖化、節電・省エネルギー、循環型社会、身近な自然環境やその保全活動などをテーマにした、計6回の講座を実施しています。 EPO中部が担当したのは第5回。「学びの行動化」をキーワードに、参加者のこの講座参加した動機を聞きあい、これまでの講座のふりかえり、「こんなことしたい!」「こんなことができる!」を出し合い共有するワークショップを行いました。個人としてできること …

写真⑦トリム

ネットワーク

【進捗報告】泰阜ひとねる大学 紹介パンフレットもうすぐできあがります!「泰阜ひとねる大学」

泰阜村のもつ自然や人々の暮らしを、都市部に暮らす若者が体感・学習する。 泰阜村の人々と都市部の若者が一緒に、まなびあう、そだちあう、ひとねる(人を育てる)。 それが、「泰阜ひとねる大学」。 泰阜村での学びを、都市部の大学、泰阜村の双方から可視化し、伝えるパンフレットを、村の人の声、学生の声、推進チームの声を集めながら、作成を進めています。 完成の報告をお楽しみに。 ご家庭で学生を受け入れた泰阜村の羽太ご夫妻にインタビ …

【ESD】泰阜①

ESD

平成29年度 地球環境基金助成金募集のお知らせ~環境保全活動を行う民間団体を支援します~

環境再生保全機構は、国の出資金と民間からの寄付金により基金(地球環境基金)を設け、その運用益と国からの運営費交付金を用いて、日本国内外の民間団体(NGO・NPO)が開発途上地域又は日本国内で実施する環境保全活動(実践活動、知識の提供・普及、調査 研究等)に対し、助成金の交付を行っています。環境保全活動に意欲的に取り組まれている団体が積極的に応募されることを期待しています。 締 切:平成29年1月16日(月) 対 象: …

【新年のご挨拶】2017年明けましておめでとうございます。

2016年はどんな一年でしたでしょうか。皆さま、大変お世話になりました。 2017年、少しでも未来に生きる人々が安心して人間らしく暮らせる社会になるように、微力ではありますが、地域の人々の声を聴き、地域に必要な事業を展開したいと考えております。 新しい年も、どうぞよろしくお願いいたします。 EPO中部スタッフ一同

toppu-pe-ji

マルチステークホルダーダイアログ2016「地域 つながる」

毎年開催している「マルチステークホルダーダイアログ」。今年度のテーマは「地域 つながる」。中部7県の多様なステークホルダーをお招きし、取り組まれている協働取組を題材に、次進むべきシナリオへの一歩を模索します。ゲストに、日本NPOセンターの新田英理子氏を迎え、事例を交えての今後の地域課題解決のための主体形成についてのアドバイスやコメントをお聞きします。 日 時:平成29年1月20日(金)13:00~16:30(開場12 …

MSHフロントページ

協働取組

【報告】地域循環型社会づくり 伊勢竹鶏物語~3Rプロジェクト~Part2 

●里山保全指導者育成講座が開催されました。 里山保全指導者育成講座は、里山保全者の人材育成の一環として、整備に必要となる草刈機、チェーンソー、竹粉製造に使用する粉砕機の安全な使用法について理解を深めてもらうために開催されました。実習を交えての講習会には普段から里山保全に携わる市民団体から多くの参加があり、安全な作業のための基礎的な手順について、初心に戻って熱心に受講する姿が見られました。受講者同士の交流から、団体間の …

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e4%bc%8a%e5%8b%a2%e7%ab%b9%e9%b6%8f%e7%89%a9%e8%aa%9e

協働取組

【進捗報告】泰阜ひとねる大学 泰阜村内報告会

泰阜村と名古屋短期大学学生との2年間の学びを、村民に伝える報告会が開催されました。泰阜村の村長を筆頭に、村人に学生が泰阜村に通って、どんな活動をしたのか、どんな気づきがあって、どんな学びがあったか、泰阜村の魅力とは何かを、学生の生言葉で伝えてくれました。泰阜村の魅力は、おいしい食材、ゆたかな自然、人と人とのつながりを感じられるところ、でも、一番の魅力は「泰阜村の人」であり、「泰阜村の人と共にすることでわかる何か」だと …

esd%e2%91%a2%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%80%80%e6%9d%91%e9%95%b7%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%81%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%9f%e3%81%a1%e3%80%81%e3%81%9d%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%ad

ESD