EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】第2回ESD活動支援企画運営委員会に出席しました。

今年度2回目となるESD活動支援企画運営委員会。今回は、ESD活動支援センター(以下「全国ESDセンター」)の今年度の事業報告に続いて、次年度事業計画概要と取組の重点分野が主な協議内容となり、各委員から活発な意見が出されました。 特に、全国ESDセンターと今年開設された地方ESD活動支援センター(以下「地方ESDセンター」)の連携強化について全国ESDセンターだからすべきこと、地方ESDセンターだからできることを明確 …

KC4D3037

ESD

【報告】平成29年度環境省環境教育・学習拠点における「ESD推進」のための実践拠点支援事業 成果共有会に参加しました!

全国のEPOメンバーが集まり、全国の「ESD推進のための実践拠点支援事業」の成果を発表する「成果共有会」に参加しました。「ぺちゃくちゃ」形式というプレゼンテーションを行い、7分という限られた時間内での発表をしました。PPスライド20枚、1枚20秒で説明をすることはとても大変でしたが、全国のEPOの活動報告に刺激を受け、今後の拠点と地域との連携をどのように形成していくかの相互参照の場となりました。 日時:平成30年2月 …

写真⑤

ESD

【報告】一人ひとりが主人公。出会い、学びあい、つながっていく…!ESD交流会in北陸・長野

ESD交流会第2回目は金沢で開催。今回も環境省と文科省が設置したセンターならではの特色を生かし、「文科省の新学習指導要領」と「中部7県の環境学習施策」の2つのテーマを掛け合わせ、参加者も教員、行政、NPOなど地域の方がそれぞれ3分の1ずつ。まさに、教育×環境部局×地域のコラボレーションとなりました。 文部科学省教科調査官渋谷一典先生による講演「学校教育におけるESD実践~新学習指導要領を踏まえて」の講義、後半に、中部 …

写真⑥

ESD

【お知らせ】「愛知県高校生ネットワーク形成事業」3月10日(土)開催「環境学習プログラム交流会」への参加校をご紹介します!

いよいよ開催が迫ってきた高校生と様々な人との交流の場になる「あいちの未来を考えた!高校生が伝えたいこと~環境学習プログラム交流会~」への参加校です! ●愛知県立木曽川高等学校 総合実務部 ●愛知県立知立東高等学校 自然科学部 ●愛知県立安城南高等学校 自然科学部 ●愛知県立武豊高等学校 自然科学部 ●愛知県立松平高等学校 学校家庭クラブ活動 参加5校それぞれの高校生によるプレゼンテーションと会場に来てくれる方との交流 …

ilovepdf_com

ESD

【報告】その後の・・・協働コーディネーター大活躍! 富山の協働コーディネーター堺さんより、レポートが届きました!

富山・第3期 協働コーディネーター 堺 勇人 2月13日(火)、富山県・(公財)とやま環境財団・北陸環境共生会議主催の「エコノワとやま交流会」にて、「連携・協働へ、はじめの一歩!」と題した意見交換会のコーディネーター役を務めさせて頂きました。企業、NPO、各種団体、一般の方々約40名の参加でした。 普段互いにあまり接点のない方々とのことでしたので、まずは自由に会話していただけるよう、テーブルごとでの交流を中心に全体を …

写真①trim

協働取組

【報告】「里山フォーラム2018winter inちくほく」が開催されました。

今年度の集大成となる里山フォーラムでは、取組の報告のほかに、専門的な森林療法が学べるAコース (講師:東京農業大学 上原氏)、森の恵みの材料を使って楽器つくりと演奏を楽しむBコース (講師:ロバの音楽座音楽家 松本氏)が、森林療法の体験プログラムとして準備されました。森の木の葉のかぐわしさに癒され、手作りの楽器と即興演奏を楽しみ、お昼は筑北村食生活改善推進協会の皆さんが準備した地域伝統の「粕汁」をいただき、雪景色の筑 …

☆写真筑北④trim

協働取組

【報告】協働作業部会・協働ガイドブックできました

各地方の事例を分析した協働ガイドブック『協働の仕組み 環境問題と地域を見直す取組のプロデュース』と、『環境保全からの政策協働ガイド~協働をすすめたい行政職員にむけて~』が上梓されました。中部では「発行される前からほしい」という自治体もすでに。協働取組の成果が広く皆さんに活用されることを期待します。 そして今年度最後となる協働作業部会では、地方支援事務局としてどのような見立てで支援をしたか、意見交換などが行われました。 …

写真③trim

協働取組

【報告】協働ギャザリング2018が開催されました。

毎年開催される協働取組の全国事例発表会。国連大学との共催となった今年度は、SDGsに向けた協働取組について、国連大学の渡辺氏による講演もありました。中部採択団体からは3名が参加し、筑北村での農林福連携における協働取組について発表し、会場からたくさんの励ましや質問・提言をいただきました。その後は、採択団体、支援事務局、参加者が地域を超えグループとなり、それぞれの「協働」について語り合うワークショップ。各地域の取組の特色 …

写真④trim

協働取組

【報告】ESD推進のための先導的実践拠点支援事業「揖斐川流域環境学習拠点等連携事業」 評価会議を実施しました!

本事業をふりかえり、成果及び課題を共有し、評価する最後の会議です。 事業に関わった人のエピソードから事業を評価するMSC (モスト・シグニフィカント・チェンジ)という手法をアレンジして行いました。成果を図るエピソードには、1月開催の「揖斐川流域未来フォーラム」において、11月の「揖斐川流域ESDツアー」に参加した高校生がツアーを通しての気づきや学び、学校での取組とツアーでの経験を関連させ、未来を考え発表した内容、そし …

写真⑤trim

ESD

【お知らせ】あいちの未来を考えた!高校生が伝えたいこと~環境学習プログラム交流会

愛知県にある5校の高校生が、地域の自然環境をテーマにして5つの環境学習プログラムをつくり、彼らの熱い想いが詰まったプログラムの発表と様々な人との交流の場になる「あいちの未来を考えた!高校生が伝えたいこと~環境学習プログラム交流会~」のチラシができあがりました。 自分たちの地域にある自然や生き物に対して、自分たちの目で、手で触れ、汗を流し、考え、作り上げた5校それぞれの高校生によるプレゼンテーションと参加者のみなさんと …

ilovepdf_com

ESD

【報告】国際連合地域開発センター (UNCRD)セミナー「地域で進める持続可能な開発目標 (SDGs)」

「持続可能な開発目標 (SDGs)」の達成には、国だけでなく地域の取組も必要です。持続可能な社会の実現に向け、【SDG目標11:まちづくり】を主な視点とし、SDGsについての理解を深め、地域における取組について考えることを目的に開催されたセミナーに参加しました。 まず、【SDG目標11】達成に向け、UNCRDが世界の都市の状況や抱える環境課題を踏まえ取組んでいる持続可能な交通や3R、地方自治体の廃棄物管理サービス拡大 …

写真⑦trim

ネットワーク

【報告】信州ESDコンソーシアム成果発表&交流会

長野のESDキッズ、ユース、素敵でした!長野のESD取組のエネルギーはすごかった・・・。 信州ESDコンソーシアム成果発表&交流会が2月3日 (土)に開催されました。小学校4校、中学校3校、高校3校 計10校のユネスコスクールの児童生徒が集まり、笑顔あふれる、子ども達の感性豊かな発表会でした。しかも、小学校1年生から高校生3年生が集まり、それぞれの年代、世代の、それぞれのESD授業、取組が話されました。 小中学校では …

写真⑧trim

ネットワーク

2 / 2312345...1020...最後 »