EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【BOOK】書籍の紹介【空の青さはひとつだけ】

1枚のハガキが届きました。今年「市民の伊勢志摩サミット」でご一緒した四日市再生「公害市民塾」の伊藤三男さんからです。「空の青さはひとつだけ」という書籍を発刊したと。過去に学び未来をつくる。大切なことを見失わないために、必読の1冊です。

ネットワーク

【ユース】かがやけ☆あいちサスティナ研究所~チーム三菱東京UFJ銀行

第2回研究会 日時:平成28年9月8日(木)9:00~12:00 場所:三菱東京UFJ銀行本店 9月26日のプレゼンテーションを控え、最終企画作成に入った学生たち。企画の後押しになるお客様ニーズを把握しようと、アンケートを作成しています。ゼミにバイトに忙しい学生たちが、なけなしの時間を使ってがんばっています。9月26日は社内向けプレゼン!本番プレゼンは11月23日、企画が企業に採用されるかのジャッジがくだされます。 …

ネットワーク

Green Gift 2015-2016 及び Green Gift地球元気プログラムキックオフ & 活動報告会

日時:平成28年9月7日 12:50~17:00 場所:東京海上日動火災保険株式会社本店会議室 Green Giftプロジェクトを実施する地域のNPO、EPOが全国から、東京海上日動火災、日本NPOセンターが集まり、今年度(2015年10月~2016年9月)の活動報告・ふりかえり(15団体)、新年度(2016年10月~)のプロジェクトの説明会と今年度実施団体、新年度実施団体の意見交換(15団体)が行われました。新団体 …

ネットワーク

ヒアリングしました~伊勢竹鶏物語~3Rプロジェクト~」Part2

日時:平成28年9月2日(金) 場所:四日市大学、四日市下野地区市民センター 関係者の皆様から、四日市や地域への思い、大切にしていること、今後のプロジェクトについてのアイデアなどをお聞きました。ヒアリングには、皆さんの生の声がたっぷりです。地方支援事務局は、協働の関係性の変化をおっていきます。※ヒアリング内容は近日UP!

協働取組

【インターン】名古屋市職員EPO体験記

研修生:寺田 行さん(名古屋市緑政土木局企画経理課) 研修内容の希望:行政と市民が何かを一緒につくろうとしている場面への参加等 【2日目】平成28年8月31日(木)10:00~19:00 ●EPOでの作業 ●揖斐川流域環境学習連携事業第1回評価会議 【レポート】 岐阜県から三重県伊勢湾まで全長114㎞を流れる“揖斐川”。その流域に暮らす人々の生活や環境等について考える環境教育のプログラム作成の検討会議に出席させて頂き …

ネットワーク

ヒアリング&懇親会&定例会しました!~筑北村東条地区里山再生計画

日時:平成28年8月29日(月)~8月30日(火) 場所:筑北村竹ノ下公民館 プロジェクトに関わっている皆さんのヒアリングを2日間行いました。そして懇親会も。そして定例会も。皆さんの思いをたっぷりお聞きすることができました。

協働取組

全国版ESD活動支援センター開設!地方センターは準備段階に!

今年の5月に東京青山に全国版の「ESD活動支援センター」がオープンしました。地域のESD拠点とともにESD推進ネットワークを形成し、連携し、ESDを支援します。地方版は来年にオープンする予定。環境省と文科省は、現在「ESD活動支援センター企画運営委員会」を行い、ESD活動支援センターについての意見を交わしています。第2回が終了したばかり。EPO中部は委員として参加しています。 平成27年度パンフレット

ESD

【協働】東海市民社会ネットワーク設立します!10月23日設立大会!

5月に開催された「G7伊勢志摩サミット」をきっかけに実施した「市民の伊勢志摩サミット」。その成果として、愛知、岐阜、三重の3県のNGO/NPOがネットワークを組み、市民協働による政策づくりを推進するための、力強い市民社会づくりを目的としたネットワーク組織を設立します。 東海市民社会ネットワーク設立大会チラシ 10月23日に設立大会をJICA中部で開催。呼びかけ人による準備会合の様子です。

ネットワーク

審査委員と採択団体の熱いやりとりが…。「第1回連絡会」報告

日時:平成28年7月14日(木) 14:00~16:30 場所:中部地方環境事務所  審査員の鋭い指摘に対して採択団体が思いをぶつける・・・。どんな展開になっていくのか。年度末が楽しみです。報告をお読みください! 協働取組加速化事業第1回連絡会議事録

協働取組

伊勢竹鶏物語~3Rプロジェクト~Part2 第1回事業協働会議報告

日時:平成28年8月25日(木)14:00~16:30 場所:四日市大学 事業参加者の役割を共有し、意見を交わしました。竹粉を作る側と使う側、その需要と共有のバランス、コスト、そして担う人々をどう増やしていくかが重要ポイント。今日の意見交換によって皆さんの思いがぐぐっとつながり、関係性は深くなったことを実感しました。来月早々、皆さんのヒアリングを行います!

協働取組

【全国】MSCを学ぶ~環境教育における「ESD推進」のための先導的取組調査・実践者育成支援事業 研修会

日時:平成28年8月25日(木)14:00~16:30 場所:地球環境パートナーシッププラザ 全国のEPOスタッフが集まり、今年度から始まったESD取組について進捗状況の共有と、今年度評価手法として取り入れる予定のMSC(モスト・シグニフィカント・チェンジ)手法、進め方について意見交換をしました。それぞれの地域で実践されているESD取組がより豊かになるために、事業内容、ステークホルダーの関係性に留意しをして事業展開を …

ESD

あふれる思いを形にしたい!~「泰阜ひとねる大学」レポート

第1回評価会議を実施して、「泰阜ひとねる大学」のもちポテンシャルと課題を共有し、今年度の事業の要素を共有しました。「泰阜村には人の心を温める力がある=泰阜力」「あっちこっちにも大学生がいる泰阜村の風景」といった発言がありました。「ひとねる」とは「そだてる」という泰阜の方言。まさにESD拠点です。今後の展開がとっても楽しみです。来月は、この夏初めて泰阜村で合宿をした名古屋短期大学の茶谷ゼミにお邪魔して学生さんと先生のイ …

ESD