EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

EPOアクション

【報告】Green Gift 地球元気プログラム (愛知)げんきの森づくり その3「こどもの森フェス2017」開催しました!

今回のプログラムは、第1回、第2回の「げんきの森づくり」でこどもたちが手入れをした森で自然あそびを楽しもう!「こどもの森フェス2017」を開催しました。こども向けに森の仕組みや森づくりの体験ができる「こども森づくり教室」、クラフト体験、森のクイズラリー、ハンモック、ブランコなど、森の中であそび、学ぶことができました。大人もこどもと一緒に森の仕組み、大切さ、を学ぶことができ、伝える大切さを感じることができました。次回も …

写真⑨グリーンギフト①

ESD

【報告】中部地方ESD活動支援センターたより <ESD研究会「SDGsと企業」を開催しました>

企業の事例を題材にSDGs達成のための「企業の人材育成」「企業の本業における役割」を学びあう、企業向けのESD研究会を、名古屋と金沢で開催しました企業、商工会議所、NPO、教員、行政など様々なセクターの方に参加いただきました。 ◆東海地域ESD研究会「SDGsと企業」 住友理工㈱の戸成司朗氏による講義「SDGsと企業」の後、事例紹介としてユニー㈱の百瀬則子氏、井村屋㈱の堀川勉良氏から、自社の取組について紹介をしていた …

写真⑩ESD研究会(SDGS東海)①トリム

ESD

【レポート】愛知学長懇話会 「第2回 持続可能な都市 名古屋への高校生・大学生からの提案」に出席しました。

愛知学長懇話会は、愛知県内の49大学のネットワークです。2017年から3年間「サスティナビリティ」を学び、考える本シンポジウムを開催。SDGsの17の目標をテーマに実施しています。今年2回目の本企画。サブテーマは「教育(ESD)」と「まちづくり」です。 名古屋市立大学の3つのゼミと看護学部の学生有志、そして愛知県事業の「かがやけ☆あいちサスティナ研究所」の2チーム、名古屋市立の2高校、愛知県立高校1校が参加しました。 …

写真⑪ 愛知学長懇話会トリム

ネットワーク

【報告】かがやけ☆あいちサスティナ研究所 成果発表会2017 開催 「チーム・キャッスル~エシカル消費の提案」 がんばりました!

かがやけ☆あいちサスティナ研究所では、6月の開所式から約半年、講座、視察、企業研究、提案づくりなど様々な学びあいを経験し、企業10社から出されたそれぞれの課題に対して、「サスティナビリティ」の視点を加味した提案づくりをすすめてきました。 わがチーム・キャッスルも、試行錯誤しながら、ギリギリのところで提案内容を変更しながら、ラスト2ケ月は毎週EPOに通い、4名のチームメンバーが刺激し合いながらつくりあげました。 そして …

☆サスティナ チーム・キャッスル ジャッジと講評 (1)トリム

ネットワーク

環境省・UNU-IAS共催シンポジウム 石川・金沢から発信するSDGsビジネス

石川県及び金沢市では、これまで里山里海や生物文化多様性の保全・活用などの分野で、国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)との共同事業の実施により、地域のステークホルダーとの協働や国際的な視野を持った地域づくりが進められてきました。また、主に金沢市内の企業経営者等が所属する金沢青年会議所では、SDGsの目標6(安全な水とトイレを世界中に)に関する取組を …

ilovepdf_com

イベント

流域って大切!高校生と描く「揖斐川流域未来フォーラム」

EPO中部では、揖斐川流域を拠点に、上流、中流、下流域に点在する環境学習施設や社会教育施設をつなぎ、流域で暮らす人々が 現状の課題を認識し、各地域の人々と学びあいながらつながり、流域全体の「持続可能な地域」の創出を目的に平成28年度から「揖斐川流域環境学習拠点等連携事業」を実施しています。揖斐川流域で暮らす人々、★揖斐川流域ESDツアーに参加した高校生と一緒に、揖斐川のもつ魅力、未来について語りあいます。  日時:平 …

トリムibigawa_forumA4_ippan_ol-001

イベント

【報告】平成29年度環境省中部環境パートナーシップオフィス下半期運営会議 報告

EPO中部第4期3年目最終年度の最後の運営会議。今回の論点は、EPO中部独自ですすめてきた「協働コーディネーター育成事業の成果と継続」と「EPO中部第5期に向けての提案事項」でした。運営会議の委員の方には、事前にアンケートをお願いし、第4期のふりかえり、そして第5期に向けての提案をご提出いただき、協議の素材として意見を交わしました。 合わせて、先日開催したマルチステークホルダーダイアログ2017で、EPO中部に関わる …

挿絵替写真 運営会議写真-1

協働取組

【報告】「森も人も健康に~筑北村福祉の森プロジェクト~」木工品試作会と第4回定例会が開催されました!

<木工品試作会> 日時:平成29年11月10日(金) 9:00~15:30 場所:長野県筑摩郡筑北村 東条伝承館 参加者:25名(講師1名、採択団体およびステークホルダー14人(学生インターン1名を含む)、筑北村社会福祉協議会ちくほっくる施設職員および利用者9名、地方支援事務局1名) <プログラム> ●フィールドでの自然物の採集と楽器制作 午前中に山に入ってどんぐりなどの自然物を採集し、その後ロバの音楽座の音楽家であ …

写真②トリム

協働取組

【報告】ESD推進のための先導的実践拠点支援事業「揖斐川流域環境学習等拠点連携事業第3回プラットフォーム会議」を開催しました!

「揖斐川流域ESDツアー」が実施され、参加したメンバーを中心にふりかえりからツアーの成果、検証など意見交換を行いました。参加した高校生が中心に行う「揖斐川流域フォーラム(仮称)」の企画内容についても議論。今回も協働コーディネーター育成事業の揖斐川流域連携プロジェクトメンバーが参加し協働コーディネーターの視点から事業の汎用性、ステークホルダーへの繋げ方などの意見交換が行われました。 日時:平成29年11月16日(木) …

写真③揖斐川プラットフォーム写真トリム

協働取組

【報告】ESD推進のための先導的実践拠点支援事業「揖斐川流域環境学習等拠点連携事業・揖斐川流域ESDツアー」を実施しました!

揖斐川流域の高校生を中心に昨年度作成したESD教材を活用し揖斐川の上流から下流の自然や地域の恵み、人々と出会い生の声を通して「流域の大切さ」に気づき、流域から持続可能な地域づくりのヒントを見つけるツアーを実施しました。ふりかえりの中からも多くの気づきが見受けられ来年1月20日に開催するフォーラムへ期待が膨らみます。 日時:平成29年11月11日(土)~12日(日) 場所:岐阜県~三重県の揖斐川流域 参加者:16名(岐 …

写真④

協働取組

【報告】ESD推進のための先導的実践拠点支援事業「愛知県高校生ネットワーク形成事業」

愛知県が主催し進めている「あいちの未来クリエイト部」。愛知県内5校の高校生が主体となって環境学習プログラム作成をするプロジェクトです。EPO中部は、5校の取組をつなぎ、高校生の環境活動/ESDネットワークの形成を目指し、伴走支援をしています。 アドバイザーやファシリテーターと一緒になって進めてきた各高校の環境学習プログラムがついに出来上りました。出来上がったプログラムと今までの活動に対する想いをインタビューしに5校を …

写真⑤-001

ESD

【案内】Green Gift 地球元気プログラム(愛知) げんきの森づくり その3「こどもの森フェス2017」開催します!

「こどもの森フェス2017」…。これまでの2回の活動に参加したこどもたちが手入れをした森、遊び道具を作った森で、だれもが楽しく遊べるフェスティバルです!ぜひ遊びにきてください。 このプログラムは、NPO法人もりの学舎自然学校、東京海上日動火災保険株式会社名古屋二部金融公務室、愛知県、そしてEPO中部が協働して実施します。 日時:平成29年12月16日(土)10:00~14:00 (荒天の場合:平成30年1月27日(土 …

写真⑥0001

ESD