EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

みんなのアクション

四日市自然保護推進委員会緊急シンポジウム 「四日市から緑が消えていく!?」

三重県の土地の64%は森林ですが、私たちの暮らす四日市市の森林は土地の
14%。そんな四日市の里山で太陽光発電施設が作られていることをご存知で
しょうか。「地球温暖化防止、環境にやさしい」と言われれる太陽光発電
ですが、里山を失うということは、どういうことなのでしょうか。現状を
お知らせするとともに、建設予定地の地域住民の方なども交え、情報交換
をします。

日 時:平成28年10月2日(日) 18:30~20:30
場 所:四日市市勤労者・市民交流センター 東館3階大会議室
内 容:■四日市市の里山の現状とメガソーラー計画の影響
報告者:寺田卓二(四日市自然保護推進委員会 運営委員)
■メガソーラー建設予定地の自然~絶滅が心配される貴重な生き
物たち~
報告者:榊枝正史(四日市自然保護推進委員会)
阿部裕(四日市自然保護推進委員会、日本野鳥の会)
■メガソーラーをめぐる現状と背景
報告者:桐生定巳(四日市自然保護推進委員会 副会長)
■意見交換会
詳 細:http://www6.cty-net.ne.jp/~four-nature/nankyu.html#sympo

イベント