Facebook Twitter

EPO NEWSEPO中部のお知らせ

地域づくりのための気候変動社会教育~学び合いの場①②&実践セミナーの参加者を募集

2022.07.11

中部地方ESD活動支援センターの「学び合いプロジェクト」では「SDGs社会教育」をテーマにESD活動を続けてきました。
今年度はその一環として「気候危機」をサブテーマに取組を展開します。
学び合いの場①では、気候危機についての科学とリスクを改めて見直し、地域や市民がどのように対応すべきなのかを考えます。
学び合いの場②では、気候危機問題を踏まえて、福井県のまちづくり事例なども参考に、ローカルSDGsに向けた地域づくりと人づくりのありかたについて考えます。全3回のうち、どの回からも参加可能となっています(参加無料)。ぜひご参加ください。
 
►「ESD for 2030 学び合いプロジェクト」については 🔗こちら(ESD活動支援センターのwebページへ)
 
 

学び合いの場①:気候危機に立ち向かう地域や市民のありかたを考える【募集中】

開催日時:2022年8月25日(木)16:00~18:00[オンライン(zoom)]
 
🔶プログラム
〇基調講演「気候危機の科学とリスク・社会を変えるには」
 江守正多(東京大学未来ビジョン研究センター 教授、国立環境研究所 上級主席研究員)
〇話題提供「脱炭素社会を見えるものに~市民目線のまちづくり~」
 木原浩貴(総合地球環境学研究所 客員准教授)
〇質疑&ディスカッション&総括
 進行:原 理史(中部地方ESD活動支援センター)
 
申込締切:2022年8月22日(月)
 
 
 

学び合いの場②:気候危機問題からSDGs地域づくり・人づくりを考える【募集中】

開催日時:2022年9月1日(木)16:00~18:00[オンライン(zoom)]
 
🔶プログラム
〇基調講演「気候危機に立ち向かい持続可能なまちづくりを目指す」
 杉山範子(名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター 特任准教授)
〇話題提供「市民ワークショップによる「脱炭素」と「地域課題」の同時解決の図られた将来ビジョンづくり」
 田中九一郎(大野市くらし環境部環境・水循環課 課長)
〇話題提供「まちづくりワークショップ・まちづくりカレッジによる気候変動へのアプローチ」
 北川直規(坂井市総合政策部まちづくり推進課 課長)
〇質疑&ディスカッション&総括
 進行:原 理史(中部地方ESD活動支援センター)
 
申込締切:2022年8月29日(月)
 
 
 

実践セミナー:脱炭素のまちづくり 人づくり ワークショップ【募集中】

開催日時:2022年11月25日(金)13:30~16:00[現地&オンライン中継]
 
🔶開催場所 結とぴあ/多田記念大野有終会館(所在地:福井県大野市天神町1番19号)/Google マップ
      ★ワークショップは 現地参加者のみ となります。
      ★オンライン中継の視聴を希望される方も申込が必要です。
 
🔶プログラム
〇ワークショップ「ローカルSDGsのための福井県版気候変動教育プログラム体験」(仮題)
 ファシリテーター:水上聡子(アルマス・バイオコスモス研究所 代表)
 総括:佐藤真久(東京都市大学大学院環境情報学研究科 教授)
 
申込締切:2022年11月21日(月)
 
 

参加申込方法

・下の参加申込フォームからお申し込みください。
・学び合いの場①②:zoomの参加URLは、開催日前日までに申込された方へお送りします。
・実践セミナー:現地参加・オンライン中継視聴に申込された方へ事前にご案内をお送りします。

ここをクリックするとフォームが開きます
※入力後、一番下の「送信」ボタンをクリックしてください。

🔗Googleフォーム(フォームが展開しない場合はこちらをクリック)
 

  • 開催案内チラシ(777KB)

  • 一覧へ戻る