EPO中部 | 環境省 中部環境パートナーシップオフィス

スタッフ紹介

新海 洋子しんかい ようこ

チーフプロデューサー

EPO中部がオープンして11年になりました。世界も日本も中部も「私」も変わりました。時代や社会のニーズに対応する変化と、時代や社会が変わっても「変わらない」ものがうごめく今、どう選択するのか、日々迫られます。

NGO/NPOで働いて27年(少しの休憩期間を含みますが)。出会った人々に支えられていることに感謝し、もう少し頑張ってみようと思います。17歳の愛猫、ツバメの巣、小さなかたつむり、季節を届けてくれる庭の花々に癒されながら、暮らしと仕事と「私」をつくっています。

高橋 美穂たかはし みほ

協働コーディネーター

EPO中部に入職して、4年目に入りました。主にESDを担当しています。わたしのESDの原点はムーミンです。

3年間で富山、石川、福井、長野、岐阜、愛知、三重の7県各地を回り、様々な方にお会いしました。中部7県はとても広い。地域にはそれぞれの色があり、生活があり、歴史があること、人は一人一人の個性も異なり、思いや願いがあることを改めて実感しています。「持続可能な社会」とは何か、と問い続けながら、業務に取り組みます。ハグくんとはぐはぐ!ハグくんは、私の大好きな・・・です。

越野 健司こしの けんじ

協働コーディネーター

いま地域の在り方が大きく変わろうとしています。そのなかで地域の方々が地域を活かしながら幸せに暮らせるような協働事業を考え、サポートしていけるような仕事をこのEPO中部で出来ればと思っています。そのためには、様々な地域を見て、聞いて、知ることから始めてみます。そこから見えてくる方向にみなさんと共に目指していきたいです。
生まれもそだちも田舎者なので地域(ふるさと)を思う気持ちは強いと思っています。その思いをもとに持続可能な地域づくりを考えていきます!
こどもたちの将来のために、そしてこのすばらしい地球のために。

内木 京子ないき きょうこ

協働コーディネーター

開発に携わりたいという思いからEPO中部に。これまでは海外と関わる機会が多かったのですが、グローバルになった今日では国際開発も地域開発も平たく見れば多くの共通項が。一方で日本国内でも各地域の文化は多様で、色々な地域の色々な分野の皆さんとの出会いはまさに異文化体験、わくわくしています。

ESD+地域経済開発で、地域から世界が?何かが変わって行くことを、地域で頑張る皆さんに伴走しながら感じられることを期待しています。

山口 奈緒やまぐち なお

協働コーディネーター

EPO中部では、学校や企業、NPOなど様々なステークホルダーの方と一緒に活動をすることが多く、コミュニケーションの大切さを痛感しています。立場が違えば、視点も、考え方も違う・・・。まず相手の考えや気持ちを「聞く」、そして「理解する、受け入れる」、次に「伝える」、最後に「気持ちをわかちあう」ことを大切にできたらいいなと思います。まだまだ、やること盛りだくさん! 自分とも向き合いながら進んでいきたいです。

みんながHAPPYでありますように。よろしくお願いします。

原 京子はら きょうこ

協働コーディネーター

事務所で一番の高齢!が自慢です。EPOのスピードについていけるようフル回転しています。今まで携わっていた子ども分野と環境分野がもっとつながることができれば、未来は変わると期待しながら、両方の分野に関わり続けたいと思っております。
どうぞよろしく。

桂川 優奈かつらがわ ゆうな

アシスタントスタッフ

里山保全活動で学んだ、環境課題の深刻さと環境の可能性の大きさを実践に生かすためにEPO中部の扉を叩きました。
常に挑戦する心を忘れず、何事にも果敢に取り組んで行きたいと思います!