Facebook Twitter

EPO中部がお手伝い

協働による地域環境づくり

EPO中部による協働取組の実践支援(同時解決事業等)

EPO中部は、地域の多様なステークホルダー(関係者)が協働して地域環境活動や地域循環共生圏づくりに取り組む環境省事業の支援を行っています。
また、EPO中部独自の取組として、協働取組の協働要素である取組経緯や関連するステークホルダー、SDGsや地域循環共生圏への貢献性などを1枚のシートに整理する「活動見える化プログラム」を構築し、関連事業で活用展開しています。
 
▶環境省の同時解決事業(2018~2019年度)の詳細はこちら
▶「活動見える化プログラム」の詳細はこちら

 
 

環境基本計画に沿った環境教育支援業務

第五次環境基本計画を踏まえ、地域の活動団体と連携してSDGsに対する理解の促進事業を展開しています。様々な主体による自主的なSDGsの普及啓発、学習活動等が行われることを目的として、対象地域の関係主体におけるSDGsの理解等に関する現状把握、対象自治体等向け勉強会(ワークショップ)などを実施しており、EPO中部は2018年度から(一社)環境市民プラットフォームとやま(PECとやま)と連携して富山県内で、2020年度からはWACおばまと連携して福井県小浜市で、SDGsと地域循環共生圏づくりの普及・啓発事業に取り組んでいます。
 
▶富山エリアの取組はこちら
▶福井エリアの取組はこちら

 
 

愛知県環境学習コーディネート業務支援

愛知県環境学習コーディネート業務は、愛知県の環境学習等行動計画に基づく愛知県の事業です。愛知県内の環境学習・ESDの活性化、充実化をはかり、主に学校と地域(NPOや企業等)のマッチングなどを支援しています。
 
▶詳細はこちらへ(愛知県Webサイトへリンク)
 

参考)あいち環境学習プラザ

あいち環境学習プラザは、愛知県の環境学習施設です。環境学習講座や環境学習コーディネート業務などを行うほか、学校や団体の社会見学にもご利用いただけます。
 
▶あいち環境学習プラザWebサイト:http://kankyojoho.pref.aichi.jp/plaza/
 
 

Green Gift Project支援

東京海上日動火災保険株式会社は、「地球へ、未来への贈りもの。」をキャッチコピーに、日本全国各地で「Green Giftプロジェクト」を実施しています。顧客への「ご契約のしおり」等を紙の冊子ではなく電子化することで、紙資源の使用量を削減し、削減した紙資源金額の一部を各地の環境活動へ寄付し、支援をする取組です。
EPO中部は、認定NPO法人日本NPOセンターと協働して、中部地域での事業展開を支援しています。2020年度は長野県・福井県・三重県で開催します。
 
▶Green Gift Projectの詳細はこちら(東京海上日動のGreen Giftサイトへリンク)
▶EPO中部が支援するイベント・活動はこちら